電子書籍の利用

読み放題でコスパよし!電子書籍アプリyomel.jpキャンペーン とあるキャンペーン中なので、書いてみる。 電子書籍について、私はほとんど読んでいない。。。 というもの、小説ほとんど読まないから。 ただ、技術書に関しては別で技術論文(PDF)になっているも…

SystemCインストール (Visual Studio 2012)

Accellera Systems Initiative Forumsにて、スレッドがあったので紹介。 SystemC in Visual Studio 2012 Visual Studio 2012を使う人は見てみてください。 引用 1. Installed Visual C++ 2012 Express Edition 2. Download Systemc-2.3.0.tgz 3. uncompress …

SystemC 2.3 : sc_starvation_policy

SystemC 2.3から追加になっている機能になります。 sc_start()時に、sc_starvation_policyを指定できます。 4.2.1 Function declarations より引用 enum sc_starvation_policy { SC_RUN_TO_TIME, SC_EXIT_ON_STARVATION }; default値は「SC_RUN_TO_TIME」で…

SystemC 2.3:throw_it

SystemC 2.3にて追加された「throw_it」についてです。 サンプルコード # include <stdio.h> # include <systemc.h> SC_MODULE( hoge ){ std::exception ex; sc_event ev; sc_process_handle t; int q; SC_CTOR( hoge ) { SC_THREAD( calling ); SC_THREAD( target ); t = sc_get</systemc.h></stdio.h>…

SystemC 2.3 : reset/kill event

SystemC 2.3では、reset/kill 発生時のイベントを利用して プロセスを動作させることも出来ます。 サンプルコード # include <stdio.h> # include <systemc.h> SC_MODULE( hoge ){ sc_event ev; sc_process_handle t; int q; SC_CTOR( hoge ) { SC_THREAD( calling ); SC_THREAD(</systemc.h></stdio.h>…

SystemC 2.3:unwind (reset and kill)

前回の「reset/kill」を観測することができます。 サンプルコード #include <stdio.h> #include <systemc.h> SC_MODULE( hoge ){ sc_event ev; sc_process_handle t; int q; SC_CTOR( hoge ) { SC_THREAD( calling ); SC_THREAD( target ); t = sc_get_current_process_handle();</systemc.h></stdio.h>…

SystemC 2.3:reset and kill

SystemC 2.3で追加された「reset と kill」についてです。 サンプルコード #include <stdio.h> #include <systemc.h> SC_MODULE( hoge ){ sc_event ev; sc_process_handle t; int q; SC_CTOR( hoge ) { SC_THREAD( calling ); SC_THREAD( target ); t = sc_get_current_process_h</systemc.h></stdio.h>…

SystemC 2.3 : sync_reset_on/off

SystemC 2.3の「sync_reset_on/off」についてです。 サンプルコード #include <stdio.h> #include <systemc.h> SC_MODULE( hoge ){ sc_event ev; sc_process_handle t; int q; SC_CTOR( hoge ) { SC_THREAD( calling ); SC_THREAD( target ); t = sc_get_current_process_handle(</systemc.h></stdio.h>…

SystemC 2.3 : disable and enable

SystemC 2.3では、Process Control 編です。 今回は、「disable & enable」についてです。 サンプルコード #include <stdio.h> #include <systemc.h> SC_MODULE( hoge ){ sc_in<bool> clock; sc_process_handle t; SC_CTOR( hoge ) { SC_THREAD( calling ); SC_THREAD( target ); sensi</bool></systemc.h></stdio.h>…

SystemC 2.3:suspend and resume

SystemC 2.3では、Process Controlはかなり拡張されています。 今回は、「suspend & resume」についてです。 サンプルコード #include <stdio.h> #include <systemc.h> SC_MODULE( hoge ){ sc_event ev; sc_process_handle t; SC_CTOR( hoge ) { SC_THREAD( calling ); SC_THREAD</systemc.h></stdio.h>…

SystemC 2.3:Process Handles

SystemC 2.3で色々拡張?変更されたので、 勉強がてら書いていきたいと思います。 先ずは、正常動作というか何も変更を加えてない状態です。 ここでは、t に対しての属性を表示させています。 サンプルコード #include <stdio.h> #include <systemc.h> SC_MODULE( hoge ){ sc_proc</systemc.h></stdio.h>…

SystemVerilog:pre/post_randomize()

SystemVerilogのランダム生成には、以下の functionが存在します。 IEEE1800-2012引用: 18.6.2 Pre_randomize() and post_randomize() Every class contains pre_randomize() and post_randomize() methods, which are automatically called by randomize()…

SCVインストール(SystemC 2.3版)

基本的な操作は Ubuntu12.04に SCV をインストール と変わりません。 違う点は config時の指定だけです。 SystemCのインストール先は個別に違うと思うので、置き換えてください。 SystemC 2.2 $> ../configure [--prefix=インストール先] --with-systemc=/us…

SCV:SystemCデータ型のランダマイズ

今まで試したソースは C/C++のデータ・タイプだったので、 SystemCのデータ・タイプで試してみました。 サンプルコード #include <scv.h> int sc_main( int argc, char* argv[] ) { printf( "-----------------------\n"); printf( "--- Type:sc_int<8> ---\n"); pr</scv.h>…

SCV_SOFT_SONSTRAINTを書いてみた。

SystemVerilog 2012より追加された soft constraintが どんなものか分からなかったので SCVで書いてみました。 SystemVerilog 2012 : soft constraint サンプルコード #include <scv.h> //Valid values for a are 10 or 30 class slower : public scv_constraint_ba</scv.h>…

SCV:制約付ランダムデータ生成(その2)

今回は、SCVを使った制約付きランダム生成(その2)です。 前回のデータを元に更に制約を加えてみたいと思います。 サンプルコード #include <scv.h> // Valid values for a are 10-20, 50-60, 90-100 class slower : public scv_constraint_base { public: scv_smart</scv.h>…

SCV:制約付ランダムデータ生成(その1)

今回は、SCVを使った制約付きランダム生成(その1)です。 今までの keep_only/keep_outの記述を SCV_CONSTRANT を使って書くことができます。 サンプルコード #include <scv.h> // fast simple constraint. // Valid values for a are 10-20, 50-60, 90-100 class fa</scv.h>…

SCV:重み付けランダムデータ生成(値の範囲)

scv_bagを使ってランダムの確率分布を指定することが出来ます。 前回は値に対してですが、値の範囲に対しても同じことが可能です。 サンプルコード #include <scv.h> int sc_main( int argc, char* argv[] ) { scv_bag<pair<int,int> > dist; dist.add(pair<int, int>(0,4), 15); // 50% dis</int,></pair<int,int></scv.h>…

SystemC 2.3:sc_start(1) Error

きっかけはこちらのスレッドになります。 Error : no matching function for call to SC_start SystemC-2.2では、 sc_start(1); のような sc_start(int); 記述を許していたんですね。 書いたことなかったので、試しに記述して確認してみました。 SystemC-2.2…

SCV:重み付けランダムデータ生成(値)

scv_bagを使ってランダムの確率分布を指定することが出来ます。 サンプルコード #include <scv.h> int sc_main( int argc, char* argv[] ) { scv_bag<int> dist; dist.add(0,15); // 50% dist.add(1,8); // 27% dist.add(2,4); // 14% dist.add(3,2); // 6% dist.add(4,1</int></scv.h>…

SCV:分布を指定したランダムデータ生成

SCVではランダム生成において、モードが存在します。 今回はそれらを試してみました。 モード 説明 RAMDAM 指定分布範囲での一様なランダム生成 SCAN とりうる値で小さいものから大きいものへと生成 RANDOM_AVOID_DUPLICATE 生成可能な数値が出尽くすまで同…

メモ:git基本コマンド

Git

Gitのコマンドメモです。 例として、ファイル名:hoge.cpp ブランチ名:bra1としてます。 git リポジトリ作成 $> git init git 状態確認 $> git status ファイルの追加 $> git add hoge.cpp コミット $> git commit hoge.cpp コミット(メッセージ付き) 複数…

yokohama.vim.reverse #4 に参加してきました。

Yokohama.vim.reverse #4 に参加して来ました。 今回が初のVim勉強会参加でした。 開催前に @gu4さんから発表をお願いされ、当日の朝に資料書いてたなんて言え。。。 Pre懇親会 「Vimmerはシャイなので懇親会からギアが入ると聞いて。」 確かに、私もシャイ…

SCV使用時の役立つ?gccオプション

SCVをコンパイルする際の Makefileはこんな感じです。 ※使用する際にはインストールパスを自分のに置き換えてください。 SYSTEMC_HOME = /usr/local/lib/systemc-2.2.0 SCV_HOME = /usr/local/lib/scv-1.0p2-sysc2.2 TARGET_ARCH = linux SYSTEMC_INC_DIR = …

SCV:ランダムデータの生成

SCVをインストールしたので、色々書いてみたいと思います。 先ずは基本的なランダムデータの生成から。 サンプルコード #include <scv.h> int sc_main( int argc, char* argv[] ) { scv_smart_ptr<int> data_p( "data" ); for (int i=0; i<20; i++) { data_p->next(); pr</int></scv.h>…

SCV error: ‘_scv_pop_constraint’

Ubuntu12.04に SCV をインストール 後に exampleを動かすと 以下のような Errorが発生します。 ※実行したものは「examples/scv/randomization/constraints」 : ./run.x scv_constraints.cpp: In constructor ‘packet_base_constraint::packet_base_constrain…

Ubuntu12.04に SCV をインストール

SCV(SystemC Verification library)のことです。 2006年以降全く更新がない困ったライブラリちゃんなので、 ちょっと火がついたのでインストールしてみました。 環境 Ubuntu12.04 LTS(32bit) gcc/g++ 4.4.7 SystemC 2.2 ダウンロード こちらからファイルをダ…

【メモ】libtool

SystemC-2.3インストール時に使っている「libtool」が イマイチ分からなかったので、メモっとく。 正確には、GNU Libtool - The GNU Portable Library Tool 最新版は「2.4.2」で、2011年10月以降の更新なし。 目的(役割) libtool を使用することで、静的ライ…

Vim+kobitoで快適 Markdown編集♪

Markdownのプレビューはいくつもあると思いますが、 Vim(MacVim) + kobitoが無料で一番使い易いかも!!! これを使う前は、quickrun+open-browserで表示させたりしてました。 しかし、それだと Syntaxのハイライトなどが出来なかったので、 少々使いづらい…

SystemC動作時に確認している環境変数

SystemCでは、マニュアル(LRM)に載っていないけど 動作時に見ている環境変数が存在する。 src内部を getenv とかで grepした結果です。 変数名 2.2 2.3 内容 SYSTEMC_REGRESSION レ レ よくわからない... リグレッション用の何か? SC_SIGNAL_WRITE_CHECK レ…